おすすめの会社

新卒や中途が就活&転職で成功するたった一つの重要な方法【必見!】

今回の記事では、新卒の就職活動や、中途採用の転職活動で成功するたった一つの重要な方法をご紹介します。

 

 

「就活ファール!」を見て思ったこと

この前、YouTubeで「就活ファール!」という動画を見ていました。「就活ファール!」では、就活を控えた学生が、3人の面接官を前にして模擬面接を受けます。

「就活ファール!」公式サイト

まだ面接本番前の段階なので、どの学生たちも志望動機や行きたい業界・会社に関してしどろもどろにしか答えられていません。

面接官たちはビジネスで成功してきた方ばかりなので、学生の曖昧な志望動機をなかなか厳しい言葉で指摘します。

「あなたは営業には向いていないよ」「それならアルバイトで良いのでは?」などなど。

 

私の就活体験談

話しは逸れますが、自分のことをふりかえってみると、私も会社で働く実感があまり持てず、最初は会社の名前で就活をしていたことを思い出します

当然のことながら、就職することが自分にとって最善の道なのか疑問がふつふつと出てきました。

 

そんなこんなで、結局就活を中断し、アルバイトでお金を貯め、それだけでは足りないので奨学金を借りて大学院へ進み、演劇やアートに関わることを研究。大学院卒業後はエンタメの業界にずっと携わってきました。

今ふりかえってみると、就活で苦戦する学生たちの悩みがすごくわかると同時に、「就活や転職はこうすれば上手くゆく」というのも分かってきました。

では、どうすれば就活が上手くゆくのでしょうか…

 

就職よりも前に、自分でビジネスをはじめることが大切

就活ならびに転職が上手くゆく最も有効な手段は、「自分でビジネスをはじめる」ことです。

就職活動で避けて通れない志望動機。これがどうしても胡散臭く感じてしまうのは、そもそも就職する必要があるのか?という大前提を論理的に乗り越えられていないからなのです。

 

会社に必ず入る必要はない!

就職・転職の失敗に関して間違いなく言えることがあります。

就活や転職で上手くいかない根本的な原因は、「自分が生きている中で叶えたいこと」を明確にできていない〈マインド〉にあります。

 

たとえば、「ミュージカルを日本でもっと流行らせたい」という目標を持っているとしましょう。この目標を叶えるためには、たとえば「ミュージカルの良さを伝える」「面白いミュージカルを生み出す」などの方法があります。

覚えておいて欲しいことは、目標を叶える手段は、決して会社に入らなくてもできることです。

 

■「ミュージカルの良さを伝える」ために、WEBサイトを立ち上げ、ミュージカルの面白さについて学べる記事を世の中に広める。

■「面白いミュージカルを生み出す」ために、自分で劇団を立ち上げたり、劇団に所属し、面白いミュージカルを上演する。

 

こういった自主的な活動でも、目標を叶えることはできます。

実際に、トップミュージカル俳優たちは企業に所属せずとも、私たちにミュージカルの面白さを心の底から伝えてくれています。

それに、WEBサイトの立ち上げは、決して有名企業に入ったり、また専門的な知識がなくても簡単にできます。

 

努力した先にようやく次の手段が見えてくる

このように、自分で目標を叶える努力をしていると、自然と次の手段が見えてきます。

 

「何が自分の目標を達成するために必要なのか」「今の自分に足りないものを埋めるためにはどうすれば良いのか」

「今私にはなにができて、なにができないのか。」

 

こういった反省と熟考を繰りかえすうちに、

 

「今やっているWEBサービスを大きくするために、起業をして仲間を見つける」

「役者としてミュージカルの表現を極める」

など具体的なプランが浮かんできます。

 

そして、ここに「企業にジョイントし、企業の力を借りて目標を達成する」という手段が出てきたとき、あなたの就活や転職はかならず上手く進んでゆきます。

 

このように、目標を叶えるために、本気でビジネスをやっていると、次の働き方が自然と見えてきます。

正社員(総合職)としての就職が良いのか、アルバイトが良いのか、それとも独立が良いのか。

チームでやったほうがいいのか。それとも一人でやったほうがスムーズなのか…などなど。

そういった道筋がはっきりと見えてくるのです。

就活や転職で上手くいかない人の原因の基本は、「自分の叶えたい目標ありき」で生きていないからです。

 

まとめ:盲目的に就職や転職を選ぶと必ず挫折する

また、決して目標は大それたものである必要はありません。「他者に直接的に手助けできる仕事」とか「物を売る仕事(営業)」といったものでも良いのです。

重要なのは、「私の目標は会社に入らないとできない」と盲目的に考える点にあります。

 

「本当に会社に入る必要があるのか?」それを知るために、まずは自分で目標を叶えるためのビジネスをしてみましょう。

自分でビジネスをして努力した先に、会社にジョイントするという選択肢が現れたとき、

「なぜこの会社に入る必要があるのか」「この会社の魅力は何なのか」「自分はどうやって会社に貢献し、何をもたらすことができるのか」

こういった就職や転職で必要なマインド、さらに答えがあなたの中にも自ずと湧きでてきます。

 

おすすめミュージカル業界転職サイトランキング

1位 ワークポート

IT業界、WEB業界の企業が豊富なのがワークポート。プレイガイドや2.5次元ミュージカルの求人もあります!

サイト名 ワークポート
おすすめポイント① プレイガイドや舞台の募集が豊富
おすすめポイント② 2.5次元ミュージカル・舞台に関連した募集もある
おすすめポイント③ 業界に精通したキャリアコンサルタント

【ワークポート】

2位 マスメディアン

マスコミ・WEB業界に特化した転職サイトがマスメディアン。ミュージカル・演劇界で活躍するアーティストのファンクラブ運営、アーティスト関連グッズの制作に携わる募集があります。

サイト名 マスメディアン
おすすめポイント① 宣伝会議が運営しているので、マスコミに強い
おすすめポイント② コピーライターから広告営業まで幅広い職種
おすすめポイント③ 未経験からの転職ガイドなど、説明会も豊富

【広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン】

3位 ネットTAM

ネットTAMはアートマネージメントに関する情報サイト。

アート・劇場関係の求人情報が豊富に載っています。

サイト名 ネットTAM
おすすめポイント① 正社員からアルバイトまで幅広い情報
おすすめポイント② 他の転職サイトには絶対に載ってない募集がほとんど
おすすめポイント③ カウンセラーとの面談など面倒な手続きがいらない

詳細ページ公式ページ